新潟県内の募金活動

ご協力いただいているチャリティーボランティアの募金活動の様子をご紹介します。

ボランティア写真

第10回粟島クリーンアップ作戦 6/18(日)開催

今年は10回目となる節目となり、200名を超えるボランティアが島外から集まりました。
粟島港での開会式の後、参加者は小型バスや徒歩で、清掃場所へと向かいます。
小倉浜には、漁網・ロープなどの大型ゴミ、プラスチック片などの小型ゴミが散乱。
ボランティアは、岩場の海岸に足場を確保し、石の隙間に入り込んでいる細かなプラゴミを拾い、絡み合った漁網などを運びます。
拾い集めたゴミはバケツリレーの要領で集積地に運び、フレコンに入れ、トラックに積み込まれ、結果5.15トンのゴミが集まりました。
終了後の役場では、粟島の人たちが手作りしたカレーのおもてなしを受けました。
美しさを取り戻した海岸と、海洋・海岸清掃の大切さを考える清掃活動となりました。

24時間テレビ39「愛は地球を救う」福祉車両贈呈式

24時間テレビ39「愛は地球を救う」にご賛同いただいた皆様からお預かりした募金より、新潟県内の6つの福祉団体へ福祉車両の贈呈が2月6日(月)TeNY本社にて行われました。

贈呈式では公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会を代表し、TeNYテレビ新潟 代表取締役会長 室川治久より各団体様へ目録が贈呈されました。

24時間テレビチャリティー委員会 糸魚川大規模火災に義援金500万円贈呈

昨年の年末に発生した新潟県糸魚川市の大規模火災について、1月5日(木)、公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会を代表し、TeNYテレビ新潟 代表取締役会長 室川治久より新潟県へ義援金500万円が贈呈されました。

贈呈された義援金は、新潟県を経由して被災地の糸魚川市へ届けられます。

TeNYテレビ新潟24時間テレビチャリティー委員会からのお知らせ

個別訪問にご注意を!
「24時間テレビ」では訪問して募金をお預かりすることはありません。 また、指定の場所・会場以外での街頭募金は行っておりません。

24時間テレビ39「愛は地球を救う」募金報告

2016年8月27日~28日に放送された「24時間テレビ39『愛は地球を救う』テーマ:愛~これが私の生きる道~」を中心として、この1年間(2015年10月1日~2016年9月30日)に全国の皆様からお預かりした寄付金(募金額)の総額は、8億8,748万2,001円となりました。これまでの39年間の募金総額は、365億5,480万2,305円となります。
また、新潟県内の寄付金額は、1,759万1,148円でした。

皆様からお預かりした寄付金は、経費を一切差し引くこと無く、全額、福祉・環境・災害復興に活用させていただきます。

温かいご支援、ご協力に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会発足

迅速かつ広範囲な支援を行い、より活動の透明性、公益性を高めてまいります。

公益社団法人に認定されたことにより、税制上の優遇措置が適用されます。

詳しくはこちら