大切な家族を守るために、防災について考えて見ませんか?
ファミリーで楽しめる防災イベントです。

私たちが暮らすふるさと、新潟県は災害多発県です。

1964年の新潟地震はもとより、近年では2004年の新潟県中越地震、2007年の中越沖地震といった大地震や、2011年の新潟・福島豪雨災害、新潟市でも記録的積雪を記録した2012年の豪雪など、新潟県は古から自然災害に苦しめられてきました。
県民の命と生活を守ること、それは報道機関としても最重要課題です。

TeNYテレビ新潟では開局以来、災害報道に全力で取り組んで参りました。災害を伝えるだけではなく、「防災」の観点から「家族を守る。にいがた防災キャンペーン」に取り組んでいます。

多メディア時代の今、テレビ放送やインターネット、さらにイベント等を通じて、身近な防災知識を県民の皆様にお伝えし、「家族を守る防災」について考えていきます。

屋内展示

ちびっこ制服撮影スタジオ

警察官、消防士、看護師・救護服、自衛官、海上保安官の衣装を着て写真を撮ることが出来ます。
時節がら、年賀状にする人も多く、プロの撮影(有料)もにぎわいを見せていました。
こういった制服は子供だけが着たいのかと思いきや、大人も同じようです。実はそういった希望をかなえてくれる展示もあるのです。
防火服やボディーアーマーなど一部装備品は装着体験ができます。そんなチラシやCMには載りきらない“お楽しみ”を見つけられるのが「みんなの防災フェア」です。

起震車

震度7までの地震の疑似体験ができます。いざという時、あなたは何ができるのか!?
市民の防災意識を高めるために導入された。会場ではおそらく見られませんが、ボーサイダーという防災キャラクターが描かれています。

ボーサイダーはボーサイダーブルーとボーサイダーピンクの2人で構成されており、敵キャラの火災モンスター・水害モンスター・雪害モンスター・地震モンスターも車体に入っています。

土石流3D体験装置

「3Dシアター」は、実際に四国地方で発生した土石流や砂防えん堤が土石流を食い止めた映像の他、土石流の恐ろしさや前兆現象、避難の大切さを認識できるドラマを、3D映像装置により、体感・再認識できる施設(大人9名分のスペース)です。(約8分)

土石流の振動、岩がぶつかる激しい音、そして土石流が氾濫したときの臭いまでが体験できます。土石流の恐ろしさ、そして避難のきっかけとなる前兆現象など、疑似体験をすることで理解が深まります。

※「土石流体感3Dシアター」装置は土石流を再現していますので、激しい音や光の点滅がある他、映像にあわせて座席が動きます。
そのため、妊娠中の方、心臓に疾患のある方、首・背中・腰などに疾患のある方、体調の悪い方、乗り物酔いしやすい方はご遠慮下さい。

装備品展示・装着体験

自衛隊・第九管区海上保安本部・長岡市消防本部のブースでは装備品の紹介も行います。
防火服やボディーアーマーなど一部装備品は、実際に装着体験ができます。

レスキューロボット

長岡技術科学大学とNEXIS-Rながおか次世代ロボット産業化機構が共同開発した移動探査型のレスキューロボット。来場者も体験操縦できます。
写真は2012年の出展のもの。この防災フェアにあわせて新たなロボットがお目見えします!

エコノミークラス症候群のエコー検査とダンボールベッド展示

災害時の避難所で、エコノミークラス症候群やその他の病気予防に効果があると言われ、注目されているのが「ダンボール簡易ベッド」。東日本大震災の被災地でもこのタイプの簡易ベッドが実際に使用されました。雑魚寝と比べ、暖かく、静かに眠れるということです。ぜひ、会場で実際に寝てみてください。
また、エコノミークラス症候群予防のための静脈エコー検査を無料で実施します。

降雨体験車

時間雨量10mm~180mmまでの降雨を体感。一度に4名まで体験できます。

にいがた災害食グランプリ

災害時でも健康に過ごすことができ、普段でも役に立つ「災害食」を新潟県が全国に先駆けて募集。
多くの作品の中から第1次審査を通過した、スタンダード部門5作品、アレルギー対応食部門5作品の第2次審査を会場で行います。
10作品の試食による一般投票と審査員の審査により、「にいがた災害食グランプリ」の最優秀賞等が決定します。

11:30~12:30(時間限定)
ご来場の限定100名様に投票用紙をお渡しします。
10作品の試食・審査をし、投票を行います。
ぜひご参加ください。

防災クイズラリー

会場内6か所にある防災クイズに全問正解すると『てっと君オリジナルばんそうこう』がもらえる!各日2,500枚の限定!参加無料ですのでお早めに。なくなったらごめんね。
※会場は外にも2階にもあるよ。
※会場内を走ったらあぶないよ。


屋外展示

災害救助犬訓練デモンストレーション

普段は新潟県内で訓練に励む災害救助犬たち。
災害現場で活躍する、その姿をお見せします。はたして人を見つけ出すことができるか?

9/21(日)のみ

特殊車両

・はしご付き消防ポンプ車
・救助工作車
・高機動車
・軽装甲機動車
・震災対応高性能救助車 ウニモグ
・対策本部車
・ポンプ車
・照明車
・ハイウェイパトロールカー
・オーガ併用杭打ち機
・消防バイク

消防バイク放水体験

全国に数台しかないという“消防バイク”が今年も登場!
レバーを引くとものすごい勢いで放水される。
消防車が入れない狭い道などで初期の消防活動に有効な機動力を発揮する。 小千谷市消防本部の協力をいただき、放水体験ができることになりました!
ただし、小さな子供は大人の補助が必要です。


ステージイベント

佐藤英里コンサート

【9/21】12:00~ / 14:15~

新潟県三条市出身のシンガーソングライター

平成13年5月28日新潟県三条市生まれ。視神経低形成により、生まれつき全盲。5歳の時、ピアノに触れ音楽に目覚める。 老人ホームや災害避難所での慰問コンサート、あしなが育英会を通じて寄付されたチャリティコンサートを開催するなど、県内外で年間20本ほど演奏活動を行うようになる。 平成22年 第7回ゴールド・コンサートにて「アメイジング・グレイス」を熱演。史上最年少にて、歌唱・演奏賞、観客賞をダブル受賞。平成23年 第8回ゴールド・コンサートにて初めてのオリジナル曲「みらい」で挑戦。 観客賞を受賞。 平成24年 第9回ゴールド・コンサートにて2曲目となるオリジナル楽曲「なないろの夢」で念願のグランプリ、そして3回連続の観客賞、自身2度目のダブル受賞。 2013年8月、ニューヨーク・アポロ・シアターで行われた「アマチュア・ナイト」の5歳から15歳までの子供を対象にした「スターズ・オブ・トゥモロー」に出演、 ホイットニー・ヒューストンの「アイ・ウィル・オールウェイズ・ラヴ・ユー」を熱唱し、12組のエントリーの中で堂々優勝を果たした。 同月、「ショー・オフ」へ出場し、惜しくも僅差の2位となる。

陸上自衛隊駐屯地音楽隊

【9/21】10:45~ / 13:00~

陸上自衛隊高田駐屯地と新発田駐屯地による
合同音楽隊。

新潟県警察音楽隊withカラーガード隊

【9/20】10:15~ / 13:00~

華やかな演奏に加えて、旗を使った色鮮やかな空間演出は見る者の目を離さない。

くぼてんきの防災紙芝居

【9/20】12:30~ / 14:15~

気象予報士と防災士の資格を持つ紙芝居師。東京都が認定する大道芸ヘブンアーティスト。小中学校・幼保育園・商業施設・イベントなどで「天気」「環境」「防災」などをテーマにした出張紙芝居や出前授業、講演などを行う。専門学校での紙芝居の講師も務める。

バックスクリーンの役立つ防災コント

【9/20】11:00~
【9/21】12:30~

星野:僕は高校2年の時に中越大震災を小千谷で被災しました。
あれから10年が経とうとしていますが今回の「みんなの防災フェア」では当時の経験を芸人として沢山の方に伝えられたらと思います。
ここでしかできない話も沢山しますのでどうか足を運んでください

大谷:新潟住みます芸人バックスクリーンの大谷ってヤツですよ~!!
今回この防災フェアで色々学んで行きたいと思います!
それをお笑いで活かし、『スベる』という災害を未然に防げるようにしたいと思います。よろしくお願いします!

バトントワリング

【9/20】12:00~ / 14:45~

皆様、こんにちは! Y’s バトンスタジオです。
今日は、幼稚園児から、全日本選手権や世界大会を目指して活動している選手までのメンバーで演技をさせていただきます。 皆様にバトンの面白さや楽しさが伝わりますように、精一杯踊ります。
どうぞ宜しくお願いいたします。

ゆるきゃらと踊ろう!てっと君ダンス

【9/20】11:30~
【9/21】11:30~

「みんなの防災フェア」にはゆるキャラがたくさん集合します。TeNYのキャラクター てっと君と一緒にダンスを踊ろう!会場ではてっと君ダンスの講習会を行います。TeNYホームページでてっと君ダンスを覚えてきてね!

ステージイベントスケジュール

   

会場MAP

会場 / ハイブ長岡(長岡産業交流会館)

〒940-2108 新潟県長岡市千秋3丁目315番地11

[ 電車、バスでお越しの場合 ]

●上越新幹線・信越線「長岡」下車

●JR長岡駅から

○路線バス

中央循環バス「くるりん」(大手口8番線)

・内回り「県立近代美術館」下車(乗車 約20分)

・外回り「ハイブ長岡」下車(乗車 約25分)

日赤病院方面(大手口7番線)

・江陽団地行き または 出雲崎行き「ハイブ長岡」下車(乗車 約14分)

○タクシー 約15分

[ お車でお越しの場合 ]

●関越自動車道

長岡インターチェンジから約10分

臨時駐車場のご案内

長岡造形大学の学生駐車場が臨時駐車場としてご利用いただけます。

ハイブ長岡の駐車場が混雑している場合、こちらをご利用ください。

*台数に限りがありますのでご了承願います。


[ 主 催 ]

みんなの防災フェア実行委員会

[ 共 催 ]

TeNYテレビ新潟 長岡市

[ お問い合わせ先 ]

TeNY事業局事業部
TEL (025)283-8121
(月~金9:30~18:00)

[ 開催中のお問い合わせ先 ]

みんなの防災フェア事務局
TEL (0258)27-8816
(10:00~16:00)

[ 協 力 ]

陸上自衛隊高田駐屯地
陸上自衛隊新発田駐屯地
陸上自衛隊松本駐屯地
海上自衛隊横須賀地方総監部
長岡市消防本部
小千谷市消防本部
新潟工科大学

(後援・協力団体名、順不同)