開催概要

高畑勲・宮崎駿両監督が築き上げてきた、世界を代表するアニメーション制作会社・スタジオジブリ。宮崎監督による「風の谷のナウシカ」(1984年)に始まり、2013年には「風立ちぬ」(宮崎監督)、「かぐや姫の物語」(高畑監督)と、それぞれの集大成というべき作品が完成しています。
今回ご紹介する「レイアウト」は、一枚の紙に背景とキャラクターの位置関係、動きの指示、カメラワークや撮影処理など、そのカットで表現されるすべてが描かれた、映画における設計図にあたるものです。アニメーション制作におけるレイアウトは、作品の統一感を保つ上で重要な役割を果たしており、そこにはキャラクターの疾走感や躍動感、映画的な空間構成までもが表現され、作り手たちのイマジネーションにあふれています。
本展では、アニメーションの魅力が詰まった「レイアウト」を読み解きながら、高畑・宮崎両監督の仕事を中心にスタジオジブリ作品の秘密に迫ります。

会期 
2016年7月16日(土)~10月10日(月・祝)
※7月25日(月)、8月29日(月)、9月26日(月)は休館

会場 
新潟県立万代島美術館 展示室

開館時間 
午前10時~午後6時
(観覧券の販売は午後5時30分まで)

チケット

一般:1,200(1,000)円/
大学・高校生1,000(800)円

※金額は全て消費税込み
※( )内は有料20名以上の団体料金 
※中学生以下無料

レイアウトとは?

みどころ

今回の展覧会でご紹介するスタジオジブリの「レイアウト」は、一枚の紙に、背景とキャラクターの位置関係、動きの指示、カメラワークや撮影処理など、そのカットで表現されるすべてが描かれた、映画の設計図にあたるものです。アニメーション制作におけるレイアウトは作品の統一感を保つ上で重要な役割を果たしており、そこにはキャラクターの疾走感や躍動感、映画的な空間構成までもが表現され、作り手たちのイマジネーションにあふれています。本展では、スタジオジブリ・三鷹の森ジブリ美術館全面協力のもと「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」まで、宮崎監督直筆のレイアウトを中心に高畑・宮崎監督がジブリ以前に手がけた作品も含め、およそ1400点のレイアウトを公開します。ジブリ作品の魅力を支える根幹ともいえる、とっておきの“秘密”に触れる展覧会です。


「千と千尋の神隠し」
© 2001 Studio Ghibli・NDDTM

「風の谷のナウシカ」
© 1984 Studio Ghibli・H

「となりのトトロ」
© 1988 Studio Ghibli

「耳をすませば」
© 1995 柊あおい/集英社・Studio Ghibli・NH

「崖の上のポニョ」
© 2008 Studio Ghibli・NDHDMT

「天空の城ラピュタ」
© 1986 Studio Ghibli

体験型コーナー

この展覧会では、大人から子供まで楽しめる体験型コーナーが充実しています。

関連イベント

○関連イベントはすべて終了いたしました

グッズ

-特設ショップ-
レイアウト展オリジナルグッズがとても充実。お買い逃しがないようにご注意ください!
※価格は全て税込みです。

<レイアウト展限定>
図録
3,240円
レイアウトを極めたい人は必買!!

<レイアウト展限定>
クリアファイル
各324円
人気のクリアファイルです!

<レイアウト展限定>
ポストカード
各162円
50種類以上あって選ぶのが大変!

<レイアウト展限定>
パノラマポストカード
各268円
これが送られて来たらインパクト大!

<レイアウト展限定>
実寸レプリカ
各1,080円

<レイアウト展限定>
アートフレーム
各16,200円

<レイアウト展限定>
トートバック
各1,543円
絵柄は全部で4種類。色も違います。

<レイアウト展限定>
マグネット
各540円

<レイアウト展限定>
A5ノート
各540円

<レイアウト展限定>
蚊帳ふきん
各788円

タイル
各324円
使い道はいろいろ!

豆皿
各1,080円

ツバメノート
486円
中もカワイイです。


-スタジオジブリ・レイアウト展で特別販売-
もともと三鷹の森ジブリ美術館でしか買うことのできない、ミュージアムショップ「マンマユート」のオリジナル商品がお買い求めいただけます。
新潟初

指人形おりがみセット/千と千尋の神隠し
540円
あなたはキレイに折れるかな?

新潟初

崖の上のポニョ
スーパーバウンドボール
500円
ポニョが元気に飛び跳ねる!

ジブリ美術館

屋上ロボット兵カードスタンド
864円
ジブリ美術館の守り神でもあるんです。

アクセス


[新潟駅から]
徒歩約25分
バス約15分(万代口バス乗場より「佐渡汽船行」(3番線)・「観光循環バス」(2番線)に乗車し「朱鷺メッセ」下車)

[自動車]
高速道路[ 新潟西I.C./新潟中央I.C./新潟亀田I.C.]から一般道へ。新潟バイパス・亀田バイパスを紫竹山I.C.で降りて、栗ノ木バイパスを新潟西港方面へ。

駐車場
[朱鷺メッセ駐車場]
A~E駐車場(※Cは思いやり駐車場)/1時間まで無料
(1時間経過後、30分ごとに100円)〈TEL.025-246-8400〉
[万代島ビル内駐車場]
1F、M2F/20分ごとに100円〈TEL.025-249-1044〉
※展示室の床は靴音が響きやすいため、柔らかい、あるいは平らな靴底の履物をお勧めいたします。
[主催] 新潟県立万代島美術館、TeNYテレビ新潟、スタジオジブリ・レイアウト展新潟展実行委員会
[企画制作協力] スタジオジブリ、三鷹の森ジブリ美術館
[協力] エプソン販売、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
[後援] 新潟市、新潟市教育委員会、新潟県小学校長会・中学校長会・特別支援学校長会、新潟県高等学校長協会、読売新聞新潟支局、NCV新潟センター、エフエムラジオ新潟、FM PORT 79.0、FM KENTO、ラジオチャット・エフエム新津、エフエム角田山ぽかぽかラジオ、エフエムしばた、燕三条エフエム放送株式会社
[協賛] スタジオアリス、JVIS