てとてとTeNY テレビ新潟

NNNドキュメント’21 無罪の死刑囚~免田栄は問い続ける~

【12月5日(日) よる12時55分放送】
去年12月、元死刑囚が息を引き取った。免田栄、95歳。
日本初の「死刑冤罪」として知られる免田事件の主人公は、人生の半分を拘置所の中で死刑と隣り合わせに暮らした。当時免田が死刑におびえながら獄中でつづった膨大な手紙や手記を元に今も取材を続ける記者たちがいる。
その目的とは。
戦後日本の司法制度を根本から変えたといわれる「免田事件」とは何だったのか。遺族、裁判官、そして検事。
彼らが今、初めて重い口を開く。

ぜひご覧ください!!