12月26日(日)午後4:55~

新潟で目標や夢に向かって取り組んでいる人たちに、セッキン(密着)するドキュメンタリー番組です。 力強く生きる姿やその暮らしから、「新たな気づき」や「再発見」へとつながるチカラを伝えていきます。

番組へのリクエスト募集中!

#15 佐渡市「莚CACAO CLUB」勝田誠さん


佐渡・赤泊に近い莚場(むしろば)。
集落から離れた場所で、ひっそりと佇むお店があります。
チョコレート専門店です。
オーナーは、佐渡市出身の勝田誠(41)さん。
2年前、佐渡にUターンして始めたのはチョコレート作りでした。勝田さんは、店ではなく、「チョコレート工場」と言います。

チョコレートは、一から全て手作りです。
カカオ豆を焙煎し、砂糖しか使わずに作る本格的なチョコレート。そのカカオ豆は、一般的なガーナをはじめ、コスタリカ、ベトナムなど5種類。
オープンは今年の8月
働くスタッフは、勝田さんの他に2名。
それぞれに目標があります。
女性スタッフの三浦さん(32)は、佐渡に由来する豆や野菜などを使った店を出すこと。そして、埼玉育ちの志賀さん(26歳)は、佐渡初のビーガン料理店を出すこと。
それぞれの夢、目標を持って、いずれ巣立つ2人のスタッフ。
そして、オーナーの勝田さんの目論見は?
佐渡に仲間を増やしていくことなのか…
チョコレートを広めることなのか…

オープンから、2ヶ月。
初めてのスイーツが完成しました。
それは、チョコレートを使った志賀さんのビーガンスイーツでした。
スタートしたお店の、その姿にセッキンしました。

このページをシェア