会社理念・TeNY's TEN・行動憲章

私たちTeNYは、ニュース、番組、イベントなど最良のコンテンツで、
新潟の人たちをいつもHAPPYに、情報満足度NO.1にします。
すべては、新潟のために。

会社理念

事業
我々は、テレビ放送を中核とした情報企業として社会に貢献し、全ての人々の幸せを求める。
視座
我々は、地域から地球を、地球から地域をみつめ人々と共感を分かち合い、信頼を獲得する。
文化
我々は、互いに競い合い、多角的な仕事を通して自己を鍛え、価値ある情報文化を創造する。

TeNY’s TEN

  • 事実の直視から発想する、真のマスコミ人を目指します。
  • 人々を尊重し、自然を慈しみ、豊かな人間性を育てます。
  • 広い視野と好奇心で社会をみつめ、社会から学びます。
  • 時代への問題意識を磨き、知的戦闘力を燃やし続けます。
  • 自らが思考して、創造力を開発し、独自性を発揮します。
  • 常に合理性を追求し、無駄を省いて、課題を解決します。
  • 一番大切なことは何かを見極め、重点を絞り実行します。
  • コミュニケーションを密にし、全社的パワーを高めます。
  • 最強の企画力と技術力で、最高品質の仕事を実現します。
  • あくなき挑戦を重ねて、目標を達成し、未来を開きます。

行動憲章

第1章 法令、規範を守ります
1. 法令順守
私たちは、法令や社会の規範を守り、社会的良識に基づいて行動します。自らの業務に関連する全ての法令、規則、社内規則の求めるところを確認し、理解し、順守することは、私たち一人ひとりの責任です。
2. 放送法の順守
私たちは、放送事業に携わるものとして、放送法を順守し、放送の健全な発展をはかります。
3. 社内規則の順守
私たちは、「番組基準」、「編成・考査ガイドライン」等、番組制作に関する社内規範を守ることはもとより、すべての社内規則を順守します。
4. 公正な競争
私たちは、業務遂行にあたり、独占禁止法、下請法および関係諸法令を順守し、公正、透明、自由な取引を行います。
第2章 視聴者・県民の生活の発展に貢献します
1. 視聴者・県民の生活発展への貢献
私たちは、視聴者・県民が真実を知るために、また、楽しみ、満足していただくために奉仕し、新しい放送文化の創造、放送技術の革新に不断の努力を続けます。
2. 誠意ある対応
私たちは、視聴者・県民の意見、批判に誠意をもって対応し一層の満足と信頼をいただけるよう努めます。
第3章 人権を尊重します
1. 差別的扱いの禁止
私たちは、一人ひとりの人格や個性を尊重し、性別、信条、身体的条件 などによる差別を廃し、健康的で安全な職場環境を維持します。
第4章 社会の一員としての役割を果たします
1. 地域環境の保全
私たちは、地球環境をより良い状態に保つため、資源の有効活用や省エネルギーを推進し、個々人の活動を通じて地球環境の保全に努めます。
2. 地域社会とのコミュニケーション
私たちは、社会を構成する企業市民として、地域社会との交流、連携を積極的に図ります。
3. 社会貢献活動
私たちは、事業を通じての社会貢献とともに社会の発展に寄与する社会貢献活動や文化・スポーツ活動を積極的に支援します。
第5章 誠実で公正な事業活動をします
1. 企業情報開示
私たちは、取材源を含む守秘義務のある情報を除き、国民、社会が正当に必要としている情報を適時に適切な方法で開示し、公正で透明な企業活動を行います。
2. 個人情報の管理
私たちは、個人情報を適正に収集、管理します。本人の同意を得るなど適正な手続き、ないし正当な理由なく第三者に開示したり、目的外の使用をしません。
3. 機密情報の管理
私たちは、職務上知りえた会社情報を、適正に管理し、会社の許可なく第三者に漏洩したり、業務以外の目的で私的に使用しません。また、退職後も会社の機密情報を漏洩しません。
4. 知的財産権の尊重
私たちは、知的財産権を尊重し、会社の知的財産権を厳格に保全すると同時に、他者の知的財産権を侵害することなく、適正な手段で入手、使用します。
5. インサイダー取引の禁止
私たちは、公表されていない内部情報を職務上知りながら、その会社の株式等を売買するインサイダー取引を行いません。
6. 反社会的勢力への利益供与の禁止
私たちは、反社会的な活動や勢力に対しては、毅然たる態度で臨み、いかなる利益供与も行いません。
7. 私的利用の禁止
私たちは、会社の職務、地位、および財産を私的利益のために利用しません。