キャリア採用者の声

経営企画局 経営企画部

佐々木 章克

Card image cap
TeNYへ転職する前のキャリア

新潟大学大学院を卒業した後、もともとIT系を専攻していたこと、通信インフラを軸にしたグローバルビジネスに興味があったため大手通信会社(SIer)へ入社しました。SIerでは、主に大企業・官公庁向けSI案件のプロジェクトマネジメントを行っていました。その後自動車メーカの社内SEへ転職し、TeNYに入社しました。

TeNYへ転職した理由

1点は新潟で「ちょうどよい生活」を送りたかったからです。煌びやかで刺激のある東京も大好きですが、少し車を走らせれば田園風景が望める新潟で「ちょうどよい」生活を送りたいと思いました。
TeNYにした理由は放送業界に元々興味があった点と、可処分所得を減らすことなく「ちょうどよい」生活を実現できるからです。

現在の仕事

社内SEというポジションで仕事をしています。TeNYに入る前にある程度インフラ・クラウド領域の知識は身につけていましたが、会社規模も小さいので企画~運用、技術的なレイヤも広く携わることができるのは1SEとしてやりがいがあって非常に面白いなと思っています。
他方で、人事・採用なども行っております。今の時代、どんな領域でもIT技術は切って切り離せませんが本領域でもSEとしての知識が活かすことができているのを感じています。このように「SE」ではありますが、他の領域も色々携われるのはTeNYで働くことの魅力だと考えています。

TeNYのいいところ

驚いたのが廊下ですれ違うたびに全員があいさつをすることには驚きました(当たり前のことなのですが新鮮でした)。また、社員同士の仲がいいことは非常にいいところだと思っています。中途社員も多く、新卒・中途の垣根が全くないところも中途採用者にとってはいいところです。
また、労働時間や年次有休休暇も上司がしっかり管理してくれているので安心して働くことができています。

暮らし:東京と新潟

東京もいいところがたくさんあります。ただ、数十年という長いスパンで考えたときに通勤時間や住宅にかかる費用を計算すると少し心配な面があったのも事実です。
一軒家に住みながら車を持って無理のない生活を送ることを考えたときに、新潟はとても良い都市です。車で10分走らせれば、商業施設もありますし海も山もあります。人でごった返していない日帰り温泉もたくさんあります。

TeNYへ転職をお考えの方へ。

TeNYは新卒・中途の垣根はありませんし、裁量をもって仕事に取り組むことができます。その分「問題意識を持って、自分で仕事をつくる」意識は必要ですが、こういう考えがフィットする方にはたくさん活躍する場がある会社です。テレビ業界は変化を迎え始めています。この変化を皆さんの専門スキルを活かして、一緒に楽しみながら乗り越えていきたいと思います。