てとてとTeNY テレビ新潟

イベント

ステージ・舞台

鼓童×悠久太鼓 長岡特別公演

鼓童×悠久太鼓 長岡特別公演
(公財)長岡市芸術文化振興財団 事業課

0258-29-7715


日時
2021年9月4日(土) 5日(日)
15:00開演(14:15開場)*両日とも
→公演延期となりました。 詳しくはこちら

会場
長岡リリックホール・シアター

料金(税込)
全席指定 3,000円 【完売しました】


注意事項
・ソーシャルディスタンスを保つため、空席を空けた配席を行う場合があります。
・小学校入学前のお子様はご入場いただけません。
・ご予約・ご購入いただいたチケットのキャンセル・変更はできません。
・車椅子席をご希望の方は長岡リリックホールでお求めください。

お問合せ
(公財)長岡市芸術文化振興財団 事業課 0258-29-7715(9:00~18:00)

[主催] (公財)長岡市芸術文化振興財団
[協力] TeNYテレビ新潟

ご協力のお願い

・当日はマスクを着用してご来場ください。また会場入口で検温・手指の消毒にご協力をお願いします。
・体調が優れない方(発熱・咳など)はご来場をお控えください。
・新型コロナウイルス感染症の影響により、公演を延期・中止する場合があります。


出演
◆鼓童
太鼓を中心とした伝統的な音楽芸能に無限の可能性を見いだし、現代への再創造を試みる集団。1981年、ベルリン芸術祭でデビュー。以来52の国と地域で6,500回を越える公演を行う。なかでも、多様な文化や生き方が響き合う「ひとつの地球」をテーマとした「ワン・アース・ツアー」は、世界各地で4,000回を数える。劇場公演のほか、小中高校生との交流を目的とした「交流学校公演」、ワールドミュージック・クラシック・ジャズ・ロック・ダンスパフォーマンスほか異なるジャンルの優れたアーティストとの共演や、世界の主要な国際芸術祭、映画音楽等へ多数参加。佐渡島における鼓童の創造的な活動、ライフスタイルとその理念は、世界のアーティストや芸術関係者からも注目を集めている。2012年から2016年まで坂東玉三郎氏を鼓童の芸術監督に招聘した。近年はバーチャルシンガー初音ミクとのコラボレーションをはじめ、坂東玉三郎との「幽玄」での共演や「フジロックフェスティバル‘18」への参加など幅広い活動を行なっている。2019年はラグビーワールドカップ開会式、国立競技場のオープニングイベントにも参加。2021年に鼓童は40周年を迎えました。

◆悠久太鼓 長岡青悠会・光悠会
悠久太鼓は、昭和49年(1974年)新潟県長岡市の長岡商工会議所70周年を記念して、当時、NHK交響楽団常任指揮者の外山雄三氏に依頼し製作されました。曲名は長岡市民に愛されているお山「悠久山」にちなみ、永く久しく愛され永遠に継承されるよう命名されました。
この悠久太鼓を伝承し継承していくために最初に結成されたチームが青悠会です。その後悠久太鼓連合会を結成し、今では11団体:約200人が悠久太鼓を演奏します。
2010年春、悠久太鼓を継承すべく小学生~高校生のメンバーで光悠会が結成され日々青悠会と演奏を行っています。和太鼓を「道」と考え、光悠会は和太鼓以上に挨拶・返事などに重点をおき、青少年の健全・育成を基に活動しています。



長岡市芸術文化振興財団 HPはこちら