毎日を行事に

通常の学校生活が失われてから早数ヶ月。
徐々に元の生活に戻りつつありますが、やはり過ぎた時間は戻らないのが現実です。
体育祭・文化祭は無くなり、宿泊研修も無くなり、部活動の大会もまともにできない学校生活など、サンタのいないクリスマスのようです。
そこで、先生がこの現状を思い出として残しておけることを企画してくださっています。
本来行事でみられるはずだった生徒のリーダーシップや意外な特技を発揮できる機会を作ることを目的としています。
例えば、ダンスができる生徒が授業の一環として他の生徒にダンスを教え、みんなで踊ることなどです。ちなみに私もダンスを教えている生徒の一員です。
毎日を行事にしようと日々口にしているその先生には感謝の気持ちでいっぱいです。
やるせない思いも多々ありますが、少しずつ前を向いていきたいと思っています。

放送部:カピバラ
2020/6/17

学生最後なのに

高校3年生です。バドミントンは中学から続けていました。しかし高校ではその実力を発揮できず地区大会や県総体には1年2年の時は出場できませんでした。今年こそ出場できると思ったのにコロナウイルスで中止に。中学から続けてきたのに高校最後の大会が中止になってどこを目指せばいいのかわかりません。6年間の努力の見せ場が欲しいです。そして学生最後なのに体育祭が中止に、文化祭も規模縮小で行うなど。学校以外にも夏の花火大会など季節のイベントもほぼ中止が決まっていて学生最後の1年がつまらないです。

バドミントン部:た く
2020/6/16

信じたくない事実

最後の大会が無くなった今、大人たちからは受験勉強!切り替え!逆に勉強できる時間増えたからよかったじゃん!などたくさんの事を言われます。ですか、私は大会が無くなったという事実を信じられず、未だ切り替えをできていません。切り替えろ!そんな簡単に一言で切り替えられるようなことではありません。
わたしの学校は中高の6年制です。私の部活であるダンス部は県内の中学校にはひとつもなく、大会に出れるのは高校生になってからに限られます。しかし、それも、大会1回・発表会1回の年に2回のみ。中学校の3年間は高校生になった時の大会を夢に、頑張ってきました。イベントも少なく、文化祭と地域のイベントくらい。周りの部活は毎週のように練習試合があるのが大変とはわかっていながらも、「羨ましい」この感情しかありませんでした。そしてやっと高校生になり、参加できる大会。3年生は6年間の集大成。そんなときに嫌なニュースが飛び込んできました。涙が止まりませんでした。6年間続けてきた意味とは。なんでこの時期に。ぶつけたくてもぶつけられないこの感情と日々戦っています。しょうがないとは思いながらも、甲子園中止、代替試合のニュースがたくさん取り上げられた時は正直怒りが収まりませんでした。インターハイ中止の時にTwitter内でたくさん見かけた「可哀想だけどしょうがない」の文字。甲子園の時には「球児が可哀想。一生懸命頑張ってきたのに。親元は慣れたりもして。」この文字がたくさん並んでいました。1つ勘違いして欲しくないところがあります。親元を離れてその部活に入るために高校通っている人はどの部活にもたくさんいます。どの部活も同じように必死に頑張っています。それなのにこの差はなぜ。わたしたちも代替大会をしたいです。でももう6月中旬、例え、やります。参加しませんか?と言われても顧問の先生はきっと私たちには秘密にして不参加と言うと思います。急に部活引退、6送会も何もせずに部活人生終了。信じたくない事実です。

ダンス:ぽっぽ焼き
2020/6/16

日常ががらりと変わった

2月の終わりごろ、いきなりクラスとお別れになりました。それと同時に部活も出来なくなりました。それから約3カ月は学校にも行けず、なにをすればいいのか分からなくなりました。6月から部活が出来るようになりましたが、先輩方とは一緒に演奏する機会はなくなりました。とても悲しかったです。
 ですが今日から新入部員が入ってきました。予想よりも多くの人数が入ってくれてうれしいです。これからは、先輩方の分も頑張りたいです!
 新型コロナウイルスの影響でいろいろなことが出来なくなりました。日常が日常でないような感じがしました。このような経験は滅多にないことだと思います。これからは日常生活が送れることに感謝しながら勉強はもちろん、部活も頑張りたいです! 

吹奏楽部:だしまろす
2020/6/15

部活ができるようになった

コロナの関係で、いつ部活ができるようになるのかとても、不安だった。しかし休校明け、部活ができるようになった。と 先生から報告があって、とても嬉しかった。
第2波が来ないでほしい。と思った。

ESS同好会:リックン
2020/6/14

無観客でもやりたい!WEB開催なんて…

新潟県代表として高知県で開催される全国高等学校総合文化祭に出場する予定でした。
平日も土日も長期休暇も頑張って部活動を続けて来ました。皆んなで高知県へ行ける!と喜んでいたのにコロナウイルス感染症予防対策のためにWEB開催になってしまいました…
3月の定期演奏会も中止…
私達高校3年生は最後の定期演奏会、最後の全国行きでした。せっかくの全国…高校野球も無観客で開催が決定したので総合文化祭も無観客で良いので是非是非開催をお願いしたいです!

吹奏楽部:ぴいち
2020/6/14

大好きな先輩と。

今年の夏の大会が続々と中止になっています。わたしの大好きな先輩は3年生で今年が最後の夏でした。2人で北信越出場を目標に練習してきましたが叶うことができませんでした。通信大会があるものの大好きな先輩は引退してしまい,一緒に出場することができません。それでも,応援してくれる先輩に感謝です。これから,まだまだ大変なことがたくさんあるかもしれないけど上位大会に進出できる日を目標に頑張りたいと思います。

家庭部兼水泳部:みんみん
2020/6/13

溜まりまくったストレス

休校期間、ストレスフリーで生活していました。でも学校が始まってプレッシャーで押し潰されそうです。毎日腹痛続きで休校期間がありがたかったです。

生徒会執行部:JK界の異端児
2020/6/11

最後の財宝

自分の高校のチームは今年こそインターハイを狙える状態でした。そんな中新型コロナウイルスによる休校、そしてインターハイ中止。私は言葉を失いました。このインターハイの為に一球懸命にボールを追い続けたのに…悔しい思いしかありませんでした。そんな私は受験勉強の為部活を引退しざるを得ませんでした。今は勉強に切り替えようと頑張ってますが正直インターハイがあったときのことを考えると今も気持ちが整理できません。自分達の代はできませんでしたが来年からこのような中止になることが一生ないように医師は頑張ってほしいと思います。そしてこれから少しでもコロナを広めないために自分にできることをして貢献したいです。

バレーボール:すん
2020/6/12

バスケについて

県総体がなくなって最後に目指してた大会がなくなってとても悲しいです!
できるんだら次の大会はやって欲しいです

バスケ部:とも
2020/6/12

母親からです。

中学卒業後、親元を離れ今の高校に入学しました。
1年、2年、と経験を積み重ね、集大成の3年!という時にこの状況。定期演奏会からまず無くなり大会も全てなくなった今、引退日までもが早まり、、、こんな最後は切なくてなりません。大会に向けて取り組んできた日々。3年生の思いは計り知れない。その思いを抱えたまま、進路準備、、、

吹奏楽部:ユリ
2020/6/11

私達も代わりの試合が欲しい

全てのインターハイや大会が無くなり、目標が見えなくなったかのように部活への意欲が日々弱まっていく中で、甲子園中止が大幅に取り上げられているニュースを見た。率直な感想は、甲子園だけがなぜそんなに、という疑問だった。そして、甲子園の代わりの試合が行われる事もまた、報道された。私たちだって、試合がしたいし、特に目の前でやるせない気持ちを持った先輩方の姿を見て、もっと一緒にやっていたいと思った。悪い言い方をすると優遇されているのではないかと思ってしまう。私がしているなぎなたは、マイナーな競技な分試合数も少ないしあまり人気ではないけれど、勝った時は本当に嬉しかった。最後の夏で、先輩方と団体戦でインターハイに行きたかった。大会が無くなった今、2年生が主体となり、早めの3年生引退が確定し、全てが受け継がれないまま終わってしまったことを本当に悔しく思った。私達も代わりの試合が欲しかったし、この夏を一緒に越したかった。

なぎなた:スノピー
2020/6/11

一緒に演奏したい

この衣装がいいね!…この曲もやりたいね!…
そんな話を部活で話していた2月末…私たちは定期演奏会に向けて、準備をしていました。楽しみにしていた先輩達との演奏やエンターテイメント。 しかし、その数日後…急に休校が決まり 定期演奏会も中止、夏の大会も中止となり、あまりにも悲しい状況になりました。
今まで朝練昼練部活と部活オンリーできた私にとって ぽっかり空いてしまった大きな穴、
そして何よりも尊敬する先輩達と一緒に演奏できない寂しさと絶望感で 落ち込んでしまいました。
このメンバーで演奏できる機会がもうないかと思うと悔しさだけが残ります。
でも…リモート演奏で合奏することできる機会があり 嬉しかったですが…
やはり…生での演奏、仲間、 先輩の音を聞いての演奏がしたいです!!

吹奏楽:くままる
2020/6/11

もう何も分からない

私はこの春高校3年生になりました。コロナが流行る前から私は心配事しかありませんでした。東京オリンピックと被った新入試、日ごとにコロコロ変わる入試のシステムなど大人の都合ばっかりで子供は振り回されてばかりでした。
それに加えて今回コロナウイルスが蔓延しました。約2ヶ月授業が進まず、およそ終わらない量の宿題を出され、休校期間中もストレスが溜まっていく一方でした。そして休校期間が明け、色々な行事やイベントが中止になりました。コロナウイルスの感染予防の為には仕方のないことだと思っていますが、やはり部活動での活躍場所がないことは少し寂しいです。
しかし私が1番不満に思っているのは大学入試の内容や要項がまだ決まらないことです。ただでさえ入試が新しくなるのに、政府はまだ詳しいことを公表していません。大学側も何も分かっていない状態です。これから将来を担うであろう私たちの入試がこんないい加減で中途半端でいいわけがありません。模擬試験も新入試体制になってきていますが、出題傾向や方法がガラッと変わり、まだ慣れずにいます。入試を切り替えるにはもう遅すぎると思います。そしてもう大人に振り回されたくありません!!

茶道部:ツキ
2020/6/11

仕方ない

このような状況になり最後の大会等ができなかったのはとても残念で悔しいがこればっかりは仕方ないと受け入れたのが正直なところです。
大会がもう開催されないと思い進路の方に力を入れて自分の進路と向き合いました。なので今、大会ができるという状態になっても自分は、参加することができません。そして全てのリスクがなくなったわけではないので自分が所属している部活の内容的には全然安心して参加できないっていうのもあります。これが今の気持ちです。

柔道:なーこ
2020/6/10

不完全燃焼

私たちの学校はコロナウィルスのため体育祭、遠足、球技大会が全て中止になってしまい、代替行事もないです。のくせに自称進学校なだけにテストや模試は全て実施され夏休み中もお盆以外登校日です。
部活も夏の団体で県三位になり、このままの順位でいけば春の大会で北信越に行けるからみんなで頑張って来たのに全て水の泡です。なんで私たちの代にこんなことになるんだろうっとずっと考えています。
大人たちにいくら頑張りは自分のためになっているとか切り替えた方がいいとか言われてもその大人たちはちゃんと青春できたし、私たち高校生の今の気持ちは絶対に理解できないと思い、イライラします。
行事も部活の大会もなにもなく、遊べない高3なんてくそでしかないです。怒りのやり場なくむかむかしてます。このままでは受験勉強にも切り替えられないし、部活がないと学校に行く気力も出ません。

硬式テニス:凛
2020/6/9

コロナと煩悶

僕は高校3年生で、短距離をしていました。全国高校総体、3年生として最後の夏は、仲間と行きたい気持ちや賭ける特別な想いがずっっと強くありました。ただそれが無くなり、両親や今までお世話になった方々への恩返しの機会を失いました。そして、今までの自分は何だったのか.無気力感に浸りました。自分の通っている学校は地方の進学校という事、自分も難関大を目指すのもあって勉強を主にしています。ただ、何か心が辛いです。本来楽しいはずの部活が再開してるのに参加することに心が痛みます。そして体育祭、文化祭などの残された学校行事が無くなって、僕たちに残った物は何も無い状態になってしまいました。政治家達を見てもみんな自分の、大人の都合のいいことばかり。ほんっとにイライラします。僕たち高校生の意見に耳を傾けてほしい。ただ悔しくて悔しいです。

陸上競技部:ソニック
2020/6/9

正直不安。

私は去年インターハイに出場、年齢別の全国では準優勝し、今年のシーズンこそは全国タイトルを取ろうと練習を頑張りました。ですがコロナの影響でシーズン開幕はもちろん、練習も十分できていません。
 最近は練習がやっとできるようになり代替試合も決まりましたが、「感覚」が非常に大事な競技なのでなかなか戻らずあまり表だって言ってませんが、今シーズンは全国で勝負できるか正直不安です。

陸上競技:ダイナソー
2020/6/9