【てとてと】主体にとってちょうどよい様子。早すぎたり遅すぎたり、大きすぎたり小さすぎたり、多すぎたり少なすぎたりしない様子。使い方の例:<てとてと>暮らす。<てとてと>過ごす。<てとてと>生きたいね。あなたも<てとてと>したら?(テレビ新潟による造語)