このページのトップへ移動
展覧会の見どころ
展覧会の見どころ

印象派の巨匠として今日絶大な人気を誇るクロード・モネ(1840-1926)は、生前成功した画家であり、晩年の作品の多くを最期まで手元に残しました。
画家の死後、それらは遺族の手を経てパリのマルモッタン美術館に寄贈され、同館は世界でも有数のモネ作品を所蔵する美術館となりました。

展覧会の見どころ

本展では、このコレクションを中心に、画家が10代で描いたカリカチュア(風刺画)や、モネの代名詞ともいえる「睡蓮」の連作、さらに晩年に白内障を患ってからも精力的に描き続けた「日本の橋」など約90点をご紹介します。
また、印象派の初期から作品を収集したド・ベリオ医師のコレクションから館外に貸し出されることが少ない貴重な作品≪テュイルリー公園≫が特別に出展されます。
モネ自身のコレクションによる「究極のモネ展」を、どうぞご堪能ください。