ピカソ 版画をめぐる冒険
ピカソ 版画をめぐる冒険
新潟市美術館
20世紀最大の芸術家パブロ・ピカソ(1881-1973)。
近代美術において造形革命を起こし、絵画、彫刻、陶芸など様々なジャンルで功績を残しました。美術史上まれにみる多作家でも知られ、その91年の生涯において版画だけでもなんと2000点近くを制作しています。

本展では、ピカソが見つめた西洋美術の伝統に注目します。
ピカソは人物画や静物画を描きながら、ギリシャ・ローマ神話を主題とし、自らの分身ともいえる「ミノタウロス」を野心的に追い続けました。
また、過去の巨匠たちの作品を、ただの模写ではなく自らの解釈を加えながら新たな作品に転換させたことも見過ごせません。

世界でも屈指のコレクションを誇るフランス国立図書館の全面的な協力のもと、ピカソが挑戦したレンブラント、ゴヤなどの版画とともにご紹介します。
伝統と対峙したピカソ版画の軌跡を辿る貴重な機会です。
約100点の作品に加え、新潟市美術館所蔵のピカソの油彩画も展示します。
彼が闘牛士(マタドール)のように果敢に挑み創造したもの、その熱い魂をご覧あれ。

 一般大学・高校生
当日券一般1,000(800)円 大学・高校生800(600)円

※中学生以下無料
※( )内は団体(20名以上)・リピーター割引料金(本展観覧券の半券提示で2回目は団体料金に割引)
※障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方および一部の介助者は無料(受付でご提示ください)
◆上映会
「ピカソ:天才の遺産」
企画展「フランス国立図書館版画コレクション ピカソ 版画をめぐる冒険」に合せて、ピカソのドキュメンタリー映画を上映します。
「ピカソ:天才の遺産」(制作・販売 イッシプレス、協力 オン・サンデーズ 1981年制作、カラー 89分 日本語字幕入り)

11月3日(土)、10日(土)、11日(日)、18日(日)、23日(金・祝)、30日(金)
12月8日(土)、9日(日)、14日(金)、16日(日)
全10回
上映時間:14:00~15:30(13:30開場)
※会期中、原則としてイベント開催日をのぞく土・日・祝日。

会場:新潟市美術館2階講堂
※定員100名
※参加無料(申込不要、チケット提示も不要)

◆講演会
「版画史から見る技法と表現―デューラーからピカソまで」
11月25日(日) 
午後2時から(90分程度)
講師:佐藤 直樹 氏
(東京藝術大学美術学部准教授、
元国立西洋美術館版画素描室長)
会場:新潟市美術館2階講堂
※申込不要、参加無料、先着100名

◆美術講座
「ピカソの恋人―描かれたミューズたち」
11月17日(土) 
午後2時から(90分程度)
講師:荒井 直美
(新潟市美術館学芸員)
会場:新潟市美術館2階講堂
※申込不要、参加無料、先着100名

◆美術講座
「ピカソとロシア」
12月15日(土) 
午後2時から(90分程度)
講師:前山 裕司
(新潟市美術館館長)
会場:新潟市美術館2階講堂
※申込不要、参加無料、先着100名

◆ギャラリートーク
(展覧会担当学芸員による解説)
11月4日(日)、12月2日(日)
各日午後2時から(30分程度)
※直接企画展示室にお越しください。
※当日の観覧券が必要となります。


◆子ども講座
「挑戦!ピカソっぽく描いてみよう」
12月1日(土) 
午後1時30分から4時30分
講師:新潟市美術館学芸員
会場:新潟市美術館実習室、企画展示室
対象:小学生~中学生と、その保護者(定員20名)
※未就学児の同行はご遠慮ください。
※参加無料ですが、当日の「ピカソ展」観覧券が必要です。
※事前申込制/11月12日(月)必着
応募方法や当日の持ち物など、
詳しくは美術館webページをご覧ください。


バスで(新潟駅万代口バスターミナルから)
〔B1 萬代橋ライン(BRT)〕など乗車約10分
→バス停「古町」下車→徒歩約12分(約860m)
※「古町」でとまるバスは、もっとも便数が多いです。
タクシーで新潟駅万代口から約10分
○駐車場の混雑が予想されます。なるべく公共交通機関をご利用ください。
お車でお越しの場合、「新潟市西堀地下駐車場」をご利用の方には、60分無料券をお渡ししています。

新潟市美術館
〒951-8556 新潟市中央区西大畑町5191-9
TEL:025-223-1622
FAX:025-228-3051