てとてとTeNY テレビ新潟

新潟一番
新潟一番

夕方レシピ

冬キャベツとホワイトソースのパングラタン

2021年11月10日(水)放送
  • 2人分
キャベツは加熱するとかさが減りたくさん食べることができます。
また、冬キャベツは加熱すると甘みが増すのでグラタンの具材にもピッタリ。
寒くなってきたので、手軽に作れる熱々のホワイトソースをご紹介いたします。

材料

キャベツ … 100g
玉ねぎ … 50g
マッシュルーム … 40g
ハム … 3枚(50g)
オリーブオイル … 大さじ1
米粉 … 大さじ3
コンソメスープ … 200cc
純生クリーム … 200cc
バター … 8g
塩 … 少々
ブラックペッパー … 少々
食パン(6枚切り) … 2枚
溶けるチーズ … 50g
パン粉 … 適量
パセリ(みじん切り) … 適量

作り方

( 1 ) 材料の下準備。キャベツはざく切り、玉ねぎ、マッシュルームは薄切りにする。ハムは食べやすく、ひとくち大に切る。食パンは9等分にカットして耐熱容器にバランスよく並べておく。
( 2 ) 鍋にオリーブオイルを入れて、玉ねぎ、マッシュルーム、キャベツ、ハムを炒める。(中火)
★塩を振り、しんなりするまで。
( 3 ) 野菜がしんなりしてきたらバターを加えて溶かし、一度火を止める。
( 4 ) 米粉を入れて材料によく絡め、コンソメスープと生クリームを加えて再び火にかけます。(中火~弱火)
★とろみが出てきたら完成。ブラックペッパーをかけて全体をよく混ぜる。
( 5 ) 食パンをセットした耐熱容器に(4)を流し入れ、チーズ、パン粉を乗せて200度のオーブンで15分焼く。
★パセリを散らして完成。

やさイイ話

■「キャベツ」のいい話
キャベツは大きく分けると4月~6月頃に出回る「春キャベツ」と、11月~3月に出回る「冬キャベツ」があります。
特徴として、春キャベツは、葉の巻きがゆるく、柔らかくみずみずしいのでサラダなどの生食に向いています。

一方で、冬キャベツは、葉の巻きがキュっと締まり、葉1枚1枚がしっかりしているので、加熱しても煮崩れしにくくロールキャベツなどの煮込み料理に適しています。

また、加熱することで甘みが増します。