てとてとTeNY テレビ新潟

新潟一番
新潟一番

夕方レシピ

秋野菜で彩るシーフードパエリア

2019年9月23日(月)放送
  • 2人分
  • 1人分486kcal

材料

米 … 1合
玉ねぎ … 20g
無塩バター … 10g
ブイヨン … 100ml
オレンジジュース … 100cc
カレー粉 … 小さじ1
塩 … 少々
黒こしょう … 少々
オリーブオイル … 大さじ1

[トッピング]
パプリカ(赤) … 1/2個
エリンギ … 20g(中1本)
ブロッコリー … 30g
かぼちゃ … 20g
レンコン … 20g
えび … 4尾
蒸しタコ … 60g
レモン(くし形切り) … 2個
イタリアンパセリ … 少々

作り方

( 1 ) 材料の下準備をする。
・玉ねぎはみじん切りする。
・パプリカはひとくちサイズの乱切り、エリンギは縦1/4にカット。
・かぼちゃとレンコンは厚さ5mmにスライス。
・ブロッコリーは小房にわけて下茹でする。
・蒸しタコは食べやすい大きさに切っておく。
・えびは殻を外し背ワタを取る。(尻尾は付けたまま)
( 2 ) 浅型の鍋又は深さのあるフライパンにオリーブオイルを入れて熱し、玉ねぎを炒める。玉ねぎがしんなりして来たら、米を入れて炒め、バターを加える。(米粒を油でコーティング!)
( 3 ) ブイヨンとオレンジジュースを注ぎ入れて、カレー粉、塩、黒こしょうを加え、中火で沸騰させる。沸騰したら、蒸しタコを乗せて蓋をし弱火で炊く。(12分~15分)
( 4 ) 炊いている間に、フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、パプリカ、エリンギ、カボチャ、レンコン、海老を両面香ばしく焼く(中火~弱火)。
( 5 ) 米が炊けたら蓋を開けて、ソテーした具材、ブロッコリーをバランスよく並べる。仕上げに、パセリを振りかけ、レモンを添える。

ポイント

パエリアは、米どころとして知られるスペイン東部バレンシア地方発祥の、米、野菜、魚介類などを炊き込んだ料理。

スペインを代表する世界的に有名な人気の高い料理の一つです。
日本人にも馴染み深い「バレンシアオレンジ」も同じ地方の特産果実です。

こちらのレシピは、甘酸っぱいオレンジュースを入れて炊いたパエリアに、カレー粉を少し加えて、サフランに似た風味を出しています。

やさイイ話

薬膳的な働きで、レンコンは加熱することで「気を補う」「気を益す」食材とされているそうです。気はエネルギーの源。気力が足りない時や、精神的な疲れを感じている時におすすめの食材です。