てとてとTeNY テレビ新潟

新潟一番
新潟一番

夕方レシピ

旬を楽しむ。里芋が主役の彩りのっぺ

2021年12月8日(水)放送
  • 2人分
お正月をはじめ、お盆や行事ごとには欠かせない!
新潟の郷土料理として親しまれている「のっぺ」をより身近に。
旬の里芋を中心に、簡単でおいしく美しく作る方法を考えました。

材料

サトイモ … 200g
レンコン … 70g
にんじん … 70g
サヤエンドウ … 20g
干し椎茸 … 2個
ベビーホタテ(蒸し) … 80g
こんにゃく … 80g
かまぼこ … 80g
いくら … 適量

[材料A]
出汁(かつお節・昆布) … 400ml
しいたけの戻し汁 … 100cc
薄口しょう油 … 大さじ1と1/2
砂糖 … 大さじ1
酒 … 大さじ1
みりん … 大さじ1
塩 … 少々

作り方

( 1 ) 材料の下準備
・サトイモは皮を剥き、塩で余分なぬめりを取って水で洗い流し、ひとくち大にカットする。
 ★ぬめりを取るのは、汁に粘り気が出ると煮ている最中に吹きこぼれやすくなるため。
 (煮物以外では取る必要はありません。)
 ★サトイモは火が入りやすいので、他の野菜より大きめにカットすると火の入り方が均一になり、食べ応えもある。
・レンコンは皮を剥き、厚さ1cmのいちょう切りにする。
・ニンジンは、皮を剥き、厚さ1cmの短冊切りにする。
・サヤエンドウは塩ゆでして水気をよく切り、斜め細切りにする。
・干し椎茸はさっと汚れを落として100mlの冷水で戻してから薄切りにする。
・かまぼこは、厚さ1cmにスライスして縦4等分に切る。
・コンニャクは、厚さ1cmの短冊切りにする。
 ★それぞれの材料が美しく見える切り方を心掛けます。
( 2 ) 鍋に(A)を入れて全体をよく混ぜ中火にかける。
 続いて、レンコン、ニンジン、サトイモ、干し椎茸、蒸しホタテ、コンニャクを入れ、蓋をして煮込む。(弱火で15分程度)
( 3 ) 蓋を開いてかまぼこを加え30秒ほど煮込み(かまぼこが温まる程度)火を止める。
( 4 ) 器に盛り付けて、サヤエンドウといくらを飾って出来上がり。
 ★サヤエンドウは色も食感も悪くなるので煮込まない。
 ★冷めると味が染みわたり、より美味しくなる。