てとてとTeNY テレビ新潟

新潟一番
新潟一番

夕方レシピ

豚肉とかぼちゃの豆乳みそ汁

2021年11月24日(水)放送
  • 4人分

材料

カボチャ … 200g
卵 … 4個
豚肉(ばらスライス) … 150g
ホウレン草 … 1/3束(60g)
サラダ油 … 適量
お湯 … 3カップ
「ほんだし」 … 大さじ1
みそ … 小さじ2くらい
豆乳1カップ
すりゴマ … 少々

作り方

( 1 ) カボチャは電子レンジで竹串がスッと通るまで加熱し(目安は600Wで3~4分)スプーンを使って食べやすい大きさに崩す。
( 2 ) 卵は殻を割って中身をステンレス製のお玉の中に入れ、お玉ごとお湯(分量外)が軽く沸いた状態の鍋に沈める。3分ほど火を通したらお湯から引き上げ、大きめのスプーンを使ってお玉から外し取る。
( 3 ) 豚肉とホウレン草は食べやすい大きさに切る。
( 4 ) フライパンにサラダ油を引いて豚肉を炒め、火が通ってきたらホウレン草を加える。ホウレン草がしんなりとしたら火を止める。
( 5 ) 鍋にお湯(3カップ)を沸かし(1)と(4)を入れ、更にほんだしを加えてひと煮したらみそを溶き入れる。豆乳も加えて再び沸いたら火を止めてお椀に盛り付ける。
( 6 ) (5)に(2)をのせ、すりゴマを振る。

ポイント

豚肉、カボチャ、ホウレン草、卵がたっぷりと入った栄養価の高いみそ汁です。
豚ばら肉でコク、カボチャでほっくり感、豆乳と卵でまろやかさを出します。
カボチャはレンチンすることで時短になり、それをスプーンで崩すことによって味が絡みやすくなります。
卵はいわゆる「落とし卵(ポーチドエッグ)」にしますが、お玉を使い熱湯の中に入れるだけで、形の良い落とし卵が何も手をかけることなく簡単にできます。
鍋には火を通している具としっかりと旨味をつけてくれるほんだしが入るのでサッとひと煮するだけでもまろやかで深みのあるみそ汁が作れます(5分程度)。